ビタミンC誘導体の化粧水でエイジングケアも可能です

ビタミンC誘導体って聞くと、美白効果というイメージがありますが、実はエイジングケアにもいいみたいです。エイジングケアって、アンチエイジングの化粧品を新しく買わないといけないと思っていましたが、今ビタミンC誘導体の化粧水を使っているのなら、もしかしたらわざわざ買わなくてもいいのかもしれませんね。

 

ビタミンC誘導体の化粧水は何でもできます

 

どうしてビタミンC誘導体がエイジングケアにもいいのかというと、ビタミンC誘導体は活性酸素を除去する作用があるそうです。活性酸素の何が悪いのかって、活性酸素は肌の細胞にダメージを与えるそうな。ダメージを受けた肌は、たるんだり、しみができたりするそうなんですね。そう聞くと、是非とも取り除いて欲しいですよね。活性酸素は紫外線やストレスによって増えるので、それらを増やさないことも大切ですね。紫外線やストレスをなるべく避けて、ビタミンC誘導体の化粧水を使ったらエイジングケアは大丈夫ということでしょうか。おまけにターンオーバーにもいいらしいとなると、使うっきゃないって感じですよね。ターンオーバーが正常にいかなくなるのも、年齢を重ねたときにでてくる問題ですからね。ビタミンCってなんて万能なのかと思いますね。昔から使われているには理由がありますよね。